トップ

歯科の治療ので大切な安全性

歯科で安全を確保する

LED

歯科医院でのゴーグル

歯科では、歯を削る際に唾液や血液が飛ぶことがあり、感染を防ぐ目的でスタッフがゴーグルを着用することがあります。スタッフが感染してしまうと、違う患者さんに感染させてしまうことがあるためです。また、ホワイトニングや詰め物の硬化のために、歯科では強い光を使用します。その光を直接見てしまうと、目の負担になることがあるので、スタッフも患者さんも保護のためのゴーグルを装着して治療を行います。こうすることで、患者さんもスタッフも目の安全を確保した上で、治療することができます。スタッフに装着を勧められたら、きちんと付けることが大切です。

治療のゴーグルの必要性

現在の歯科では、院内感染に対する管理がしっかり出来ている所が多く、患者に感染の危険がないように滅菌や消毒の徹底、使い捨て可能な物を使用するなどの対策が施されています。感染の危険性は患者だけではなく治療する側の医師や衛生士にもあります。治療時のゴーグルの使用は不可欠で、歯を削っている時のかけらが目を傷つけたり、血液からの感染予防にもなります。ゴーグルの代わりに眼鏡でもある程度の保護が可能です。また感染症予防のため、予防接種も実施する必要もあります。内科などと違い歯科では患者の感染症情報がないため、より一層の注意が必要です。

↑PAGE TOP

© Copyright 歯科の治療ので大切な安全性. All rights reserved.